4月8日  相談ラボ・相談例(1) | NPO法人心臓手術相談ラボ バイパスや血管など外科手術相談が無料

TEL
フリーダイヤル

9:00〜17:00 年中無休

メールでのご相談は
こちらから

非通知設定をされている場合には非通知を解除してからお電話ください。

折り返しの際には090-5539-5620よりお電話いたします。

4月8日  相談ラボ・相談例(1)

質問(1)

お忙しいところ恐縮ですがメールさせて頂きました。

大阪に住んでいる74歳の私の父が以前から不整脈を持っており

最近特に気分の悪い日が続いたのでホルター検査を受けたところ

心房細動と診断されました。

来週早々にもペースメーカーを入れる手術ということになりました。

私は東京にいるので病状の詳細を直に先生から聞いていない

のですが、予定しているペースメーカーの術式がいいのか、

カテーテルアブレーションという術式がいいのか、当然父の状態に

よるとは思いますが判断のしようがなく、どうしていいやら

わからず先生に問い合わせさせて頂きました。

何卒どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

回答(1)              回答者:南淵明宏

心臓ペースメーカーは脈が遅すぎる状況に必要な治療手段です。

心房細動は別として、脈が遅い、という状況でお父さんに危険が

差し迫っている、ということだと思います。

 

心房細動の治療としてカテーテルアブレーションが必要ですが、

心房細動で脈が遅くなっている状況ではよしんばカテーテル

アブレーションで正常な脈に戻っても、やはり脈が遅すぎる、

ということが起こり得ます。ペースメーカーかアブレーションか、

を選ぶという話では決してないのです。お父さんはただちに

ペースメーカー植え込みを受けるべきです。

カレンダー
2017年12月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
南淵医師ご紹介動画

コーディネーターご紹介動画

覚悟の瞬間 南淵明宏医師紹介リンクバナー

当サイトをご利用頂く事で…
  • 悩んだ時にすぐに相談できる。
  • 専門的な知識のある人に相談できる。
  • 患者さんに必要だと判断されれば、質問内容にない情報も教えてくれる。
  • 無料で相談ができる。
まずはご相談ください!

NPO法人心臓手術相談ラボ 9:00〜17:00 年中無休

TEL
フリーダイヤル
0120-596-810

非通知設定をされている場合には非通知を解除してからお電話ください。

折り返しの際には090-5539-5620よりお電話いたします。

メールでのご相談はこちらから