4月14日   相談ラボ・相談例(2) | NPO法人心臓手術相談ラボ バイパスや血管など外科手術相談が無料

TEL
フリーダイヤル

9:00〜17:00 年中無休

メールでのご相談は
こちらから

非通知設定をされている場合には非通知を解除してからお電話ください。

折り返しの際には090-5539-5620よりお電話いたします。

4月14日   相談ラボ・相談例(2)

(相談者質問)

近くの病院で心臓カテーテル検査を受けたら冠動脈の二股に

分かれたところに狭いところがあるので、治療が必要だと言われ

ました。ただカテーテルの治療はかえって危険かも知れない、

手術の方がいいのではないか、と言うことで、相談しましょう

と言われています。

手術はどうしても受けたくないのでどうしたらいいでしょうか。

 

 

(回答)            回答者:南渕 明宏

手術はどうして受けたくない、というのは『何とかカテーテル

検査でしのぎたい』というお気持ちだと思います。

つまり『上手な循環器内科の医師なら難しい病変でもスイスイ

治療できるのではないか』とお考えのようですが、そんなことは

ありません。

現在、カテーテルによる治療は夥しい経験の末、左冠動脈が二股

に分かれている部分などではカテーテル治療は当日は切り抜けられ

ても、その後再発と言うさらに厳しい病変になって治療が難しく

なることが知られていて、何でもかんでもカテーテルで治療する

循環器内科医は批判を避けられないでしょう。

それと、手術は最後の手段、できる限りカテーテルで時間を

稼いで、どうしようもなくなったら手術でもしようがない、とも

お考えかも知れませんが、それも間違いです。それは問題を

先延ばししてどんどん状況を不利にしているだけです。

冠動脈のバイパス手術が安全で確実で、一度手術を受けてしまえば

それで問題は100%解決する、という場合もあります。

カテーテル治療をすればするほど冠動脈全体にキズが付いて動脈

硬化が進んだり冠動脈の壁が先端の方まで分厚くなったりして、

手術がやりにくくなります。あるいは、手術の効果が長続きしない

ことになります。つまり大切な冠動脈の寿命を短くしてしまう

ことになるのです。

もちろん、カテーテル治療に適した病変もあります。何もしないで

スタチンという薬剤を飲み続け冠動脈の病気が進まないように

管理する、という方法もあります。

闇雲に手術を忌避するのではなく、安全で確実な方法とは何か、

をよく考えて勇気を持って一歩踏み出して下さい。

 

野球の試合に例えれば、15点も取られて、9回に「ピッチャー

代わってよ。がんばって勝ってね」などと頼まれるような

バイパス手術の依頼をこれまで何度も受けてきたので

こんなことを言うのです。

カレンダー
2017年12月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
南淵医師ご紹介動画

コーディネーターご紹介動画

覚悟の瞬間 南淵明宏医師紹介リンクバナー

当サイトをご利用頂く事で…
  • 悩んだ時にすぐに相談できる。
  • 専門的な知識のある人に相談できる。
  • 患者さんに必要だと判断されれば、質問内容にない情報も教えてくれる。
  • 無料で相談ができる。
まずはご相談ください!

NPO法人心臓手術相談ラボ 9:00〜17:00 年中無休

TEL
フリーダイヤル
0120-596-810

非通知設定をされている場合には非通知を解除してからお電話ください。

折り返しの際には090-5539-5620よりお電話いたします。

メールでのご相談はこちらから